​ウェルビーイングフットサルフェスティバル

12月23日(日)東区体育館で開催されたウェルビーイングフットサルフェスティバルに今年も参加してきました。11人のメンバーとマネージャーそしてドリームu-15の応援団みんなで3試合戦い抜きました!1勝1敗1分けの結果には1年間の積み重ねが良くも悪くも現れたものだったのではないでしょうか。しかし、皆さんの日々の取り組みがしっかり結果はもちろん内容にもしっかり繋がっていることも確かです。

1試合目 vs 千歳高等支援学校

​ 久しぶりの対外試合ということもあり、メンバーのみんなは少々緊張気味。迎えた初戦は千歳高等支援学校。

 試合立ち上がりは全体に慌てたプレーが目立ちます。ピンチもありましたがGKのナイスセーブでのがれます。徐々に前線でボールが奪えるようになってきてからは落ち着きを取り戻しました。ボールを奪ってからスピーディーに相手ゴール前まで運び、何度もシュートを試みるもことごとく外してしまいます。全体が攻撃に意識が生き出したころに一発裏を取られてしまい失点。

​ その後もメンバーを交代しながら攻め続けますが、得点には至りません。迎えたラスト1分。自陣右サイドの混戦を上手くかわしながら抜け出した佐野君がGKとの1対1を制して同点!何とか引き分けに持ち込みました。

2試合目 vs 豊明高等支援学校B

​ 昼食休憩をはさんで体も気持ちもリフレッシュして2試合目へ!対戦相手はドリームメンバーの3人が卒業している学校。負けられませんね。

 1試合目のかたさは見られず、スムーズな試合の入り。対人プレーでは相手を上回り、優勢に試合を運びます。しかし、シュートチャンスはゴールポストやクロスバーに嫌われ、1試合目の嫌な予感がよぎります。嫌な流れを断ち切ったのは、拓也さん。自陣中央で奪ったボールを相手ゴール前やや右寄りの位置で待つ拓也さんの足元へ。綺麗なボールコントロールから、一発でターン。コースを突いたシュートが決まり先制点!

 その後も積極的な守備でボールを奪い、攻め続けます。これまで幾度となくシュートチャンスをものにできなかった幸夏さんがゴール前のこぼれ球に素早く反応して蹴りこみ追加点!2-0で勝利を収めました!

3試合目 vs NFC(red)

​ 3試合目はNFCさん。レベルの高い相手にどこまでできるか楽しみなところでしたが、結果は0-8で完敗でした!

 試合立ち上がりは互角のプレーが続きましたが、自陣左サイドから鋭いシュートを決められ失点。早い時間帯での失点でチーム全体の士気がさがってしまいました。その後は小さいミスが目立ち、チャンスを与えてしまいます。前半を0-5で折り返すころにはみんな意気消沈気味。

 気持ち切り替えて後半戦!といきたいところでしたが、立て直すことができず…。マイナスな声が飛び交い、ミスを他の人に押し付け、消極的なプレーの連続となってしまいました。

​ しかし、これもまたひとつ上にレベルアップするための良い経験です。

コーチから・・・

​ 1年前、参加人数5人で挑んだウェルビーイング。松本コーチにとって初めての対外試合で選手の皆さんはもちろん、コーチもとても悔しい思いをしたのが懐かしく思い出されます。今年はなんと11人が参加できました。新メンバー加入もそうですが、仕事をしながらも練習に参加し続けることで試合に出たい!という気持ちが自然と生まれ、仕事の調整などしてこの人数が集まったのだと思います。11人も集まったことで、先発メンバーや交代、ポジッションをどうするかコーチの頭を悩ませてくれました。

 試合についてですが、初戦を引き分け、改善して臨んだ2試合目で勝利し、3試合目で一気に崩される。とてもいい経験になったと思います。ただ、昨年1度も勝てなかったことを踏まえたら、とても素晴らしい結果だと思います。1年間練習してきたことがしっかりプレーや結果に現れていました。

 そして、“全試合全員出場”を掲げて臨んだ今大会。誰が出てもそれぞれの役割をはたして戦ってくれました。そこが今大会一番の収穫でしょう!

 プレーのことについてはまた練習の中で一つずつしっかり練習して行きましょう。1月にはフットサルの大会に出ます。チーム全員で頑張りましょう!