​ブラインドサッカー

​BLIND SOCCER

ブラインドサッカーって??

​ブラインドサッカーは視覚障がい者のスポーツです。

フットサルを基にルールが考案されており、障がいの程度によって2つのカテゴリーに分かれています。

①ブラインドサッカー

ゴールキーパー以外は全盲の選手がプレー。視覚障がい者スポーツのクラス分けの用語を用いてB1クラスと呼ばれることもある。

②ロービジョンフットサル

弱視の選手が主にプレー。視覚障がい者スポーツのクラス分けの用語からB2/B3クラスと呼ばれることもある。

​日本ブラインドサッカー協会HP参照

ブラインドサッカーの細かいルールについては追って書き加えておきます。

今回、ブラインドサッカーを体験してもらいました。選手の多くがブラインドサッカーを知っていましたが、アイマスクをつけて実際のボールを使うのは初めてでした。

どうやったらドリブルできるんだろう…

音を聞いて正確にボールをトラップできるのかな…

仲間の声を聞いてまっすぐ進めるるだろうか…

いろんなことをみんなで考えながら体験できました。

上手下手とかいうことではなく、体験を通してみんなでコミュニケーションを取り合うことも今回の目的でもありました。

「右右右!」

「どっちから見て右?」

「何人も声だしたり、手を叩いたら分からない」

こんな会話も聞こえてきました!

最後は視覚障がいのある人も、用具やルールを変えながらサッカーを楽しめることを確認しました。

​それは、他の障がい者サッカーにも共通することであり、障がい者スポーツ全てにも同様であることを理解してもらえたかな?